※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

SEOツールCOMPASSのキーワード選定の使い方!キーワードスカウターSTも同じ!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、SEOツールCOMPASSのキーワード選定機能の使い方を紹介していきます。

COMPASSを利用するのは、主にallintitleを調べることです。

他の機能は特に使わないので、キーワード選定機能のallintitleの調べ方を覚えておきましょう。

また、この機能は、キーワードスカウターにも備わっており、使い方は一緒です。

目次

COMPASS(キーワードスカウターST)のキーワード選定の使い方

allintitleの調べ方
  1. キーワード選定⇒直接or関連
  2. キーワードを入力⇒拡張なしで追加⇒閉じる
  3. 解析開始⇒この条件で開始

COMPASSでallintitleを調べる手順は、上記のとおりです。

実際のやり方を画像交えて説明していくので、チェックしていきましょう。

①キーワード選定⇒直接or関連

コンパスでallintitleを調べる手順①は、キーワード選定⇒直接or関連を選択することです。

起動したら、まずキーワード選定のタブになっていることを確認しましょう。

キーワード選定画面になっていれば、左側のウィンドウにある直接or関連でキーワード入力画面を表示させます。

②キーワードを入力⇒拡張なしで追加⇒閉じる

COMPASSでallintitleを調べる手順②は、キーワードを入力して、拡張なしで追加して閉じることです。

キーワードを入力するときは、ラッコキーワードで取得してそれを張り付けるのが簡単です。

今回は、ラッコキーワードに、『ルパン三世 金曜ロードショー』で出たサジェストを張り付けています。

今回は、拡張なしで追加をし、キーワード入力画面を閉じます。

③解析開始⇒この条件で開始

COMPASSでallintitleを調べる手順③は、解析開始を押してこの条件で開始を押すことです。

まずは、左ウィンドウ下部にある、解析開始ボタンを押しましょう。

サーチ項目設定という画面が出るので、キーワードinTitle項目で、allintitleにチェックが入っていることを確認しましょう。

inTitleはチェックが入っていてもいいですが、他のはチェックを入れなくてもOKです。

というか、他の項目もチェックするとかなり遅くなるので、僕は基本的にallintitleしか知らべてません。

今回例に挙げたキーワード数なら、数分でallintitleが調べられます。

調べ終わった画面は、下記のようになります。

COMPASSのキーワード拡張について

COMPASSを使ったキーワード選定のやり方で、キーワードを拡張しないで追加しました。

これは、キーワードを拡張すると、かなり量が多くなってしまうからです。

もともとのサジェスト数が少ないなら、キーワードを拡張する方が良いでしょう。

ですが、100以上あるとさらにキーワードが増えるので、分類するのも大変です。

そのため、個人的に、キーワードを拡張しないでやっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次