※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

GRCとRankTrackerはどっちがおすすめ?対応OSや値段など4項目を徹底比較!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、GRCとランクトラッカーを比較していきます。

結論を言えば、RankTrackerの方が、対応OSやキーワード登録数など優勢な項目が多いです。

ですが、個人的には、検索順位をチェックするだけならGRCの方が値段が安いのでおすすめ

ですので、検索順位を調べる目的だけで使うなら、WindowsユーザーはGRC、MacユーザーはRankTrackerがいいでしょう。

GRCとRankTrackerの細かい違いは、読み進めて確認してください。

Windowsユーザーにおすすめ

目次

GRCとRankTrackerの比較項目一覧

項目おすすめサービス
対応OSRankTracker
値段GRC
キーワード登録数RankTracker
機能性RankTracker

GRCとRankTrackerの比較項目は、上記のとおりです。

それぞれ違いを説明していくので、しっかりチェックしていきましょう。

①対応OSで選ぶならGRCよりRankTracker

サービス名対応OS
GRCWindows
RankTrackerWindows・Mac

対応OSで比較すると、GRCよりRankTrackerがおすすめ。

というのも、GRCの対応OSはWindowsだけですが、RankTrackerはWindowsとMacに対応だからです。

GRCがMacにも対応していればGRCを推すのですが、残念なことにMacには未対応。

日本ではMacユーザーも結構多いので、GRCはちょっと活躍できません。

そのため、Windowsしか持ってない人ならGRCが、Macしか持ってない人はRankTrackerがおすすめです。

RankTrackerなら、MacからWindowsに買い替えても利用できるので、オールランドに使えますよ。

Mac対応

②値段で選ぶならRankTrackerよりGRCが安い

サービス名値段
GRCベーシック 4950円/年
スタンダード 9900円/年
エキスパート 14850円/年
プロ 19800円/年
アルティメット 24750円/年
RankTrackerプロフェッショナル 149ドル/年
エンタープライズ 349ドル/年
※GRCは年払いだと月払いより2か月分お得

値段を比較すると、RankTrackerよりGRCが安いです。

どちらも無料プランがあるのですが、役に立たないのでここでは省きます。

RankTrackerは無料版を入れて3プランありますが、個人向けのプロフェッショナルプランでも料金は149ドル/年。

円相場によって値段が変動するため、RankTrackerは最低でも15,000円以上はかかります。

一方でGRCは一番安いベーシックプランは4950円/年、3番目に高いエキスパートプランでも14,850円で済むんです。

GRCはベーシックプランでも500語までキーワードを登録できるので、ブログを始めたばかりならこれで十分。

GRCで費用をできるだけ抑えて、収益を最大化できるようにしましょう。

値段が安い

③キーワード登録数で選ぶならGRCよりRankTracker

サービス名キーワード登録数
GRCベーシック 500語
スタンダード 5,000語
エキスパート 50,000語
プロ 500,000語
アルティメット 無制限
RankTracker無制限

キーワード登録数で比較すると、GRCよりもRankTrackerが圧倒的に優勢です。

というのも、RankTrackerは、キーワード登録数が無制限なんですね。

GRCでキーワード登録数を無制限するなら、アルティメットプランが必要で料金は24,750円…。

キーワード登録数だけで見るなら、コストパフォーマンスが良いRankTrackerがいいでしょう。

しかし、キーワード登録数無制限といっても、そこまで使うかというとまずありえません。

超大型サイトを複数所持しているなら必要ですが、個人ブロガーで数サイトだけならGRCのスタンダードの5000語もあれば十分事足ります。

キーワード登録数はRankTrackerが優勢と言いましたが、費用に見合っているかよく考えて選ぶといいですよ。

キーワードをたくさん登録できる

④機能性で選ぶならGRCよりRankTracker

サービス名機能性
GRC検索順位チェック
競合サイト分析
RankTracker検索順位チェック
競合サイト分析
検索ボリュームチェック
など

機能性を比較すると、GRCよりもRankTrackerが機能性に富んでいます。

GRCでも競合サイト分析は可能はできますが、検索順位をチェックするのに特化している感じです。

RankTrackerは、検索順位チェック以外にも競合サイト分析や検索ボリュームなどをチェックできます。

このように、豊富な機能が揃っているのが、RankTrackerのいいところですね。

しかし、個人的には、競合サイトや検索ボリュームはウーバーサジェストを利用するので不要に感じます。

ウーバーサジェストは買い切りもできるので、検索順位を調べるならGRCだけで十分です。

一つのツールですべてカバーしたいなら、RankTrackerを利用するといいでしょう。

検索ボリュームもチェック

まとめ

この記事では、GRCとRankTrackerを比較しました。

RankTrackerの方が機能性が高いのですが、検索順位をチェックするだけならちょっと値段が…。

GRCは安い値段で利用できますが、Macで利用できないといったデメリットがあります。

最後に各ツールをおすすめする人を紹介しているので、おさらいしておきましょう。

GRCは安く利用したいWindowsユーザーにおすすめ

GRCは、安く利用したいWindowsユーザー向けのツールです。

値段プランが複数あり、ベーシックプランなら年間5,000円弱で利用できます。

ブログを始めたばかりの人なら、GRCのベーシックプランで十分ですよ。

僕も最初のころはベーシックプランを利用してましたが、かなりコストを抑えられました。

また、GRCはWindowsに対応なので、Windowsユーザーで費用を押さえたい人はぜひチェックしておきましょう。

年間5000円~利用できる

RankTrackerはMacを利用している人におすすめ

RankTrackerは、Macを利用している人におすすめです。

というのも、RankTrackerの対応OSが、WindowsとMacだから。

Macを利用している人は、検索順位をチェックするなら自然とRankTracker一択になります。

しかし、ランクトラッカーRankTrackerは、機能性が優れているのでライバルチェックもできます。

多少値段が高くなっても高機能な順位チェックツールがいいなら、RankTrackerを利用しましょう。

Macユーザー必須


また、SEOに便利なallintitleを調べるツールもあります。

COMPASSとキーワードスカウターSTというものがあり、一括で簡単にintitleやallintitleなどを調べられます。

こちらのツールも比較しているので、参考にしてみてください。

>>キーワードスカウターSTとCOMPASSの比較

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次