※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

WordPressで空白行の作り方!ブロックエディタで簡単な方法ご紹介!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、Wordpressのブロックエディタで空白行を入れる方法を紹介していきます。

ブロックエディタで空白行を入れるときは、スペーサーを利用するやり方がありますよね。

でも、スペーサーを呼び出して、高さ調整するから面倒なんです。

微調整するならスペーサーもありですが、空白行だけならもっと楽な方法があります。

それではやり方を確認していきましょう。

目次

WordPressのブロックエディタで空白行を入れる方法

WordPressのブロックエディタで空白行を入れるのは、空白のブロックにShift+Enter改行を入れるだけです。

通常のブロックの並びは、行間は一定のスペースになります。

また空白行を入れるために空白ブロックを置いても、空白行になりません。

この上に空白ブロックを入れていますが、空白行になってないですよね。

ではこの行の下、空白ブロックにShift+Enter改行を入れるとどうなるか見てみましょう。


空白ブロックにShift+Enter改行を入れると、上記のように空白行が入っています。

上記の状態を、編集画面とプレビュー画面ではどう違うのか、ちょっと確認してみましょう。

編集画面

プレビュー画面

上記のような感じで、空白行が反映されます。

空白行といっても2行分ですが、言われなければわからないですよ。

文章を書きながらだと、スペーサーを呼び出すのはリズムが崩れます。

そのため、空白行は空白ブロックにShift+Enter改行を入れるのがおすすめです。

WordPressのブロックエディタでスペーサーを入れた場合の見え方

空白行を入れるときに空白ブロックにShift+Enter改行が楽と言いましたが、スペーサーを入れるとどうなるのか違いを確認してみましょう。

まずはスペーサーを入れます。

デフォルトだと上記の感じです。

では次に、空白ブロックにShift+Enter改行を入れます。


ご覧のように、スペーサーはデフォルトだと、空白行というにはかなり隙間があります。

スペーサーはデフォルトだと高さが100pxなため、16px位に変更しないと高さがありすぎです。

高さ調整して再利用ブロック作成し呼び出す方法もありますが、手間になるだけ。

そのため、ブロックエディタで空白行を入れるなら、空白ブロックにShift+Enter改行がおすすめです。

まとめ

WordPressで空白行を入れる時は、できるだけ余計な動きをしたくないです。

ブロックエディタは、空白ブロックにShift+Enter改行を入れるとスムーズに書けます。

スペーサーブロックの呼び出しは手間なので、効率よく作業することを考えていきましょう。

<br>でも空白行は作れますが、カスタムHTMLを使うのでおすすめしないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次